有料老人ホームで働く介護職の仕事内容とやりがい

img_0358

有料老人ホームの仕事内容

有料老人ホームとは、高齢者の方が住みやすい環境を整えた住居で生活を送りながら、身の回りの介護、食事・家事・健康に関するサービスなどが受けられる施設です。

入居する際には、年齢や、心身の状態、介護が必要か否かによって選択できる施設が異なり、終身までの長い期間、心身の状態の変化に合わせて多岐にわたるサービスを受けることができます。

有料老人ホームで働く介護職の仕事は、入居者の方の食事の配膳や介助、入浴・排泄・洗面・更衣などの身辺動作の介助などの介護保険制度で受けられるサービスの支援と、通院や買い物への付き添い、掃除や洗濯などの介護保険外のサービスの支援を行います。

その他、施設で行われるイベントや集団体操、レクリエーションなどの企画や実施も行います。

有料老人ホームのやりがい

有料老人ホームは、入居者の方の「すまい」であり、安全に安心して暮らすことを支援する「くらしのお手伝い」を行う仕事です。

入居者の方が心地良いと思えるくらしの環境を整えるために、マニュアル通りの介護を行うのではなく、入居者の方が大切にされているくらし方を尊重するためにコミュニケーションをとりながら、それぞれの入居者様に必要な支援をそれぞれに合う行い方で提供していきます。

流れ作業の介護ではなく、おひとりおひとりのくらしにじっくり向き合いながら支援が行える仕事はとても価値があるものです。また、自分が企画したイベントに参加された入居者様が楽しんでおられる笑顔を見られたときは、次の企画への活力ともなります。

有料老人ホームの仕事が向いているひと

入居者の方々は毎日、それぞれの居室で思い思いの生活を送られており、それぞれのくらし方に合った支援を行える臨機応変な対応と、介護に関する幅広い知識と技術が必要となります。

それに加え、入居者の方々は高齢者であるがゆえ、健康上の変化が急にみられることがあります。健康面だけではなく、何か困ったことや悩みを抱えられ、いつもとは違う表情や態度をとっておられる方もいらっしゃるかもしれません。

そのようなちょっとした変化を的確にとらえられるために、常にアンテナを張り巡らせながらコミュニケーションや入居者様の観察を行えることが重要になってきます。身体介護や生活支援面の技術だけではなく、入居者様の色々な要望にお応えできるように、福祉面、医療面の知識を身につけるように自分で勉強する姿勢も望まれます。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。