訪問介護や訪問入浴で働く介護職の仕事内容とやりがい

訪問介護をする女性と利用者の男性

訪問介護や訪問入浴の仕事内容

訪問介護は、介護を必要としている方の自宅へ伺い、排泄・食事・入浴・清拭・体位変換などの身体介護や、掃除・買い物・洗濯・調理などの家事支援、通院や外出の付き添いを行う仕事で、基本一人で利用者様のご自宅へ伺い、利用者様が必要とする援助を行います。

訪問入浴は、寝た姿勢のまま入れる特殊な浴槽を利用者様のご自宅へ設置して入浴介助と入浴前後の更衣介助を行う仕事で、看護師とペアになって行動します。

訪問介護も訪問入浴も決まった曜日・時間に伺うので、次の訪問の予定に間に合うように時間配分を考えて仕事をしなければなりません。

伺った先で利用者様に異変があれば、関係機関への連絡も行います。

訪問介護や訪問入浴のやりがい

利用者様が実際に生活されているご自宅へと伺って支援を行う仕事のため、利用者様の生活環境、家族関係、社会背景などに直接触れることとなります。それは、よりその方の生きざまを近くで感じながら、深く寄り添った援助を行うことへとつながります。

利用者様の自宅での限られた環境の中でより良い援助を行うためにアイデアを出し、工夫しながら介護を行うことは、他の現場で活かせるノウハウを身につけることにもなります。

担当する利用者様との関わりが長いことも訪問介護・訪問入浴の特徴のひとつで、利用者様が生涯を終えるそのときまで、残された人生に付き添うことができる仕事です。一回の訪問で関われる時間は短いですが、その時間内にどれだけ利用者様が過ごしやすい環境を整えて、生活の質を上げることができるのかは介護職の手にかかっているとも言えます。

訪問介護や訪問入浴の仕事が向いているひと

訪問介護や訪問入浴は病院や施設とは違い、こちらが利用者様の生活の場にお邪魔している立場となるので、それぞれ異なる生活環境の場で今まで過ごしてこられた歴史や文化、考え方などを尊重しつつ、生活や心身の状態が改善に向かうような介助・援助を行わなければなりません。

ひとりひとりが必要とする援助も違い、置かれている環境も異なるので皆に同じ援助の内容や方法を行っていたのでは当然上手く行くはずはありません。利用者様ごとに必要な援助は何かを見極め、その方と環境に合わせた援助を行う技量が必要です。

訪問看護においては基本一人での行動となるため、何かアクシデントが起こったときに対処できる判断力と問題解決力が不可欠であり、次の訪問に間に合うように時間配分や作業ペースを計算して臨機応変に対応できることも条件となります。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。