グループホームで働く介護職の仕事内容とやりがい

ショートステイで働く介護職の女性

グループホームの仕事内容

グループホームとは、身体障害、知的障害、精神障害のいずれか、または重複して持つ方が5〜9人程度の少人数のグループで、介護者となるスタッフの援助を受けたり、他の居住者と協力したりしながら共同生活を行う施設です。

一般的にグループホームと呼ばれているものは認知症の方を専門とした施設が多く、それぞれの居住者はひとりひとり各部屋で個人の生活スタイルを保ちながら、料理や掃除、洗濯など、その他支援が必要なことを介護者が介入して生活を送ります。

少人数のグループでの一定の関わりの中で生活を送ることは、認知症の方にとって安心で安定した環境を提供し、不穏症状の軽減を促します。また、共同生活の中で個人の過去の経験や趣味を活かせるような役割を持っていただいたり、個人に合わせた援助や介入を行ったりすることは、認知症の症状の進行の予防にも役立ちます。

グループホームのやりがい

グループホームは居住者の方それぞれの個人の生活を尊重したうえで、より対象者の方にとって過ごしやすく落ち着いた生活を送れるように支援を行う仕事です。

グループホームで働く介護職は、身体的な障害や認知症状のために援助が必要な身の回りの動作の介護を行うことに加えて、グループの特徴を活かし、それぞれの得意なこと・不得意なことをカバーし合えるように舵取りをするグループリーダーとしての役割も担います。

認知症状の奥に隠れている居住者の方の適性を活かせる働きかけを行うことで、いきいきと生活する姿を見ることができ、居住者同士のコミュニケーションを促すことで今まで表に出てこなかった表情や言葉・姿に出会えることもあります。

グループホームの仕事が向いているひと

グループホームでは、ひとりひとりの状態や能力の評価と働きかけを行うことに加えて、ひとつのグループとして全体を捉えての評価や働きかけも重要となってきます。

ただ単に、個人への介助を行うだけではなく、グループの中での個人の位置づけやコミュニケーション能力、問題解決能力などの評価を行い、個人の特性が活かせるような声かけや活動の提供を行っていく必要があります。

これらを毎日の生活においてグループの方々と関わる中で感じ取り、個人の良い反応を引き出せるような工夫やアイデアを盛り込んだ働きかけを行います。

5~9人の生活スタイルも考え方も嗜好も違い、そのうえ身体的な援助内容や認知症状なども個々に異なる人々をグループとしてまとめあげ、共同生活という形態を運営していける器も必要となるでしょう。居住者同士での問題が起こった場合には、冷静な対応や機転を利かした対応も求められます。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。