デイケアで働く介護職の仕事内容とやりがい

運動指導をする介護職

デイケアの仕事内容

デイケアは正式には通所リハビリテーションと呼びます。自宅で過ごしている支援を必要とする方々が、介護老人保健施設や病院、診療所などに通いながら、「運動器の機能向上」「栄養改善」「口腔機能の向上」などを目指す場所です。

人によっては「学校に通っている」と表現される方もいらっしゃるほどで、利用者様の1週間のスケジュールに組み込まれている予定であり、自宅から外へ出る機会の少ない利用者の方や家族の方にとっては、外の世界とつながる社会的意味が大きい場所でもあります。

要介護、または、要支援の認定を受けた方々が、日中施設へ通って食事や入浴、心身の機能回復のための体操やレクリエーションを行うため、主治医の指示のもと、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士などによる個別リハビリが行われます。

介護職の具体的な仕事の内容は、利用者の方々の送迎の介助、お茶出し、健康チェック、コミュニケーション、食事の準備、入浴、排泄、移動の介助、リハビリ介助、レクリエーションの企画・実施などです。

身体機能の向上につながるようなレクリエーションや体操、ゲームを考えるのも仕事のうちです。

施設によって通われる利用者様の身体的レベルは様々で、認知症に特化しているなどの特色を持つ施設もあり、介助の程度や支援の内容は勤める施設によって異なってきます。

デイケアのやりがい

デイサービスやデイケアは心や身体に病気を持った方がリハビリしに来るため、そういう利用者に対して生活指導や生活改善、筋力アップのための体操、脳トレなどをすることになります。

リハビリは1日1日の積み重ねになるので、非常に根気のいる仕事です。しかし、それが実った時には大きなやりがいを感じることができます。

例えば、歩行が困難だった人が歩行器や杖を使って歩けるようになったり、介護が必要だったことが自分でできるようになったりと、利用者の身体状況が改善する姿を間近で見られることは、「この仕事をやっていて良かった」と思える瞬間です。

また、資格の取得を通じてスキルアップをすることで、それが現場ですぐに役立つというのも、仕事をする上で大きなやりがいになります。

デイケアの仕事が向いているひと

デイケアでは、利用者様とは朝・昼から夕方までの数時間単位の関わりのため、来られた利用者様の様子や状態を少ない情報、短い時間から把握することが大切です。

そして、少ない時間の中でたくさんのプラスの感情と経験を持ち帰っていただくために、個人に対する会話はもちろん、施設全体の雰囲気を盛り上げ、運営していくコミュニケーション能力も問われます。

色々な方が集まる場所ですので、ときには利用者様同士でのトラブルも起こりますが、そのようなときにもスマートに問題解決できる対応力が求められるでしょう。

さらに、レクリエーションのレパートリーが広く、気の利いたアドリブを挟んでの司会が上手だったり、楽器演奏や手工芸などの特技を持っていたりするとスタッフにも利用者様にも喜ばれます。

デイケアでは、全体の雰囲気を捉えながら、利用者様ひとりひとりへの個人の声かけも行える視野の広い捉え方と対応が必要です。

まとめ

デイケアの仕事はリハビリを通して、利用者の機能回復を図るという目的があるので、非常にやりがいのある仕事です。関連する資格も多く、資格を取ることでキャリアアップも可能です。他の介護関係の職場とは少し違った視点で仕事ができるので、興味のある人は是非チャレンジしてみてください。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。