ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)で働く介護職の仕事内容とやりがい

ケアホームで仕事をしている笑顔の介護職の女性

ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)の仕事内容

ケアホームは、障害者総合支援法に基づき、障害程度区分2以上の知的障害、精神障害、身体障害を持ち、介護が必要な方が地域の住居で少人数での共同生活を営みながら、日常生活上で必要な介助や支援を受ける施設です。

入所されている方は日中、デイケアや作業所などに通所されており、介護職の仕事は入所者の方がそれぞれの予定を終えられ、ケアホームに帰宅してからの夜間となります。

入所されている方の排泄や入浴、洗面、着替えなどの日常生活上のケアや夜間の見守り、買い物、調理、洗濯、掃除などの家事、金銭管理や服薬管理などの相談や助言、デイケアなどの関係機関との連絡、イベントの企画・実施などの仕事を行います。

ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)のやりがい

ケアホームは、一般の住居を用いており、入所者様と夜間共に過ごしながら支援を行う施設ですので、より一般家庭に近いアットホームな雰囲気の中で仕事を行うことができ、入所者の方を通じて地域の方々とのつながりを持つこともあります。

入所者の方が安全で安心して過ごせるように支援することはもちろん、生活を楽しむため、リラックスして過ごすための余暇活動の提案や実施も行うので、入所者の方と一緒に外出やゲームを楽しんで笑顔になることもあります。

そういった何気ない日常生活のワンシーンを共に穏やかな気持ちで過ごすことが、入所者様の心の安定にもつながり、「テレビで見て行きたいと思った場所に電車に乗って行く」などの入所者様の目標に付き添った時は、たとえ小さな目標であっても達成できたことを嬉しく感じ、その方の次のステップへの自信にもつながります。

ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)の仕事が向いているひと

夜間の支援となり、夜に不穏症状が強くなる方には一晩中起きて付き添わなければならないこともあるので、体力があることと精神面の強さが必要です。

入所者様ひとりひとりに付き添って支援を行うので、その方は「何が困っているのか」、「困っていることを解決するためには何から援助すればいいのか」など、コミュニケーションをとりながら考え、達成できそうな目標を立て、目標を達成するために必要なプロセスを練習するという一連の流れを繰り返し行っていかなければなりません。

途中つまずきがみられたことに対しては、再度「何が難しかったのか」、「どうすれば達成できるのか」ということを考えてやり直すことも必要です。このように、常に援助を行いながら必要な情報を得て、行動に対しての評価を行い、目標を達成するために必要なことを確認するという問題解決能力が高い方が向いているといえるでしょう。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。