介護職の志望動機の例文集

腕を組む介護士

志望動機の目的は、「数多くある介護施設の中で、どうしてその施設を選んだのか」を伝えることにあります。

志望動機が弱い人は、一生懸命働いてくれるイメージがありませんし、短期間で辞めてしまいそうなので、採用担当者も採用しにくくなってしまいます。

「近いから」「給料が高いから」という志望動機がダメなわけではないですが、それだけではなく、プラスアルファで志望動機を伝えた方が印象はいいですし、他の応募者との差別化になるので、志望動機をしっかり用意することは非常に大事です。

介護に対する思いをアピール

介護の世界では、介護に対する思いを重視する傾向にあります。他の接客業とは異なり、なんとなく選ぶような業界ではないですし、何かしら介護に対する思いがあって、この業界を選んでいる人がほとんどのはずです。

志望動機で介護への思いをアピールすることは、どんな施設に応募するにしても使えるので、まずはこの方向で志望動機を作成してみるのがいいです。

大学の頃に介護のボランティアに参加した時に介護の仕事に興味を持ち、介護の世界で10年間勤務してきました。最初の頃は、介護の仕事の難しさを感じることが多く、挫折しそうになったこともありましたが、目の前の仕事に一生懸命取り組み続けることで、ここまで続けてきました。何事にも一生懸命になれることは私の強みだと考えています。グループホームでの勤務は初めてになりますが、この一生懸命さを活かし、利用者様に安心して生活してもらえるように頑張っていきたいと考えています。

介護施設の理念に共感していることをアピール

介護施設は同じように見えて、それぞれの施設でこだわっていること、大切にしていることというのがあります。それが自分の考え方と合っていることをアピールすれば、採用担当者としては採用しやすくなります。

利用者の方は、一人一人、性格も考え方も異なるので、利用者に合った介護を提供するためには、一人一人とコミュニケーションをとることが大事だと考えています。御社では一人一人の利用者との関わりを大事にすることを基本方針とされており、ここでなら、私の考える理想の介護が提供できると思い、志望させていただきました。

介護の仕事に合っていることをアピール

介護の業界が未経験の人を採用するときに、採用担当者が一番気になることは、「介護の仕事についていけるのかどうか。」です。

志望動機ではそれを払拭できるように、「介護に活かせる経験」「介護の仕事への興味・関心」「体力に自信があること」などをアピールするようにしましょう。

私が介護の仕事に興味を持ったきっかけは、母親の介護を経験したことです。突然、介護が必要になった時、多くの戸惑いがある中、ケアマネージャーや介護職員の方に助けられて、最後まで介護を続けることができました。とても価値のある仕事だと思いましたし、自分自身も、その一員として働きたいと思いました。介護との仕事は経験がありませんが、ずっと接客業をしていたので、相手の思いを大切にしながら接することは得意なので、それを介護の仕事でも活かしていきたいと思います。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。