介護職が円満退職をするための5つのポイント

img_0277

1.計画的に退職する

介護職が円満退職するときに一番重要なことは退職の計画です。ある日突然辞めることを決めるのは、残された人に迷惑がかかるので、絶対に辞めたほうがいいです。

特に介護の職場はどこも人手不足で、ギリギリの人数で運営しているところも多いので、突然辞められてしまっては、業務に支障をきたしますし、他のスタッフの仕事が増えたり、最悪の場合は人員不足が原因で入居者や患者とトラブルになるかもしれません。

できるだけ早く、遅くとも1ヶ月前には伝えられるように準備しておくのがいいででしょう。

2.退職理由は引き止められにくいものを用意

退職するときによくあるのは、退職を伝えたけど引き止められるケースです。人員不足の施設やあなたが重要なポジションにいる場合などは、上司としては何が何でも引き止めようとしてくることでしょう。

そんなときに退職理由が中途半端だと、引き止められやすくなってしまいます。

例えば、「仕事内容に不満がある」「別の仕事をしたい」「給料が低くて続けられない」という漠然とした退職理由だと、「じゃあ、やりたい仕事に配置転換できるように交渉してみるよ。」「給料がアップしてもらえるように上に掛け合ってみるよ。」などと言われてしまいます。

そうならないためにも、「こういう仕事がしたいですが、この施設では経験できないことです。将来のキャリアのためにもこのタイミングで辞めるのがベストだから辞めます。」「ここではたくさんお世話になりましたが、新しい職場でこのようなスキルを磨きたいとので辞めます。」などのように、具体的で意志がはっきりした、引き止めにくい退職理由を用意しましょう。反論される余地を残さないことがポイントです。

特に思いつかないときは、「健康上の理由」「家庭の事情」「親族のすすめ」「夫の仕事の都合」など、万能な理由を用意するのもいいでしょう。

3.事前に上司に退職の相談をする

いきなり施設長などに退職の意志を伝えるのはあまりよくありません。課長や部長などの直属の上司の面子を潰してしまうので、直属の上司との関係が悪くなったり、退職に時間を掛けさせられたりするので、円満に退職ができなくなります。

まずは退職届を出す前に、直属の上司に相談して、退職を考えていることを伝えるようにしましょう。しっかりと話し合いをして、正式に退職届を出すタイミングなどを一緒に決めるようにすると、雇用主側とのトラブルを防ぐことができます。

4.勤務先に返すもの、受け取るものは抜かりなく

退職するときは勤務先に返すものと受け取るものがあります。これに不備があるとスムーズに退職できないので、必ずチェックしましょう。

返すもの

・健康保険被保険者証
・IDカードなどの身分書類
・制服
・通勤用の定期券
・勤務先の備品
・勤務先で購入した資料や書類

受け取るもの

・雇用保険被保険者証
・離職票
・年金手帳
・源泉徴収票

5.引き継ぎは自分主導で進める

退職するときは今自分が担当している業務を残ったスタッフに引き継ぐことになります。この引き継ぎを上司や後任者に任せてしまうと、思うように進まなかったり、引き継ぎ漏れが出て、転職した後にもなんども電話がかかってくることになってしまいます。

引き継ぎをするときは、面倒でも自分主導で進めるようにしましょう。

おすすめなのは、自分が担当した業務や引き継ぐことを一冊のノートにまとめることです。そのノートがあれば、引き継ぎ漏れを防ぐことができますし、残されたスタッフもそれを読み返すことができます。

残されたひとにとっては大変ありがたいものですので、円満退職のためにはぜひとも作成しておきたいものです。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。