社会福祉主事任用資格

社会福祉主事の女性

社会福祉主事任用資格とは

社会福祉主事任用資格は、公的資格の一つで、地方自治体に設置されている福祉事務所内で事務をつかさどるための資格です。公務員が福祉に関わる職務に就く際のルールを定めた「福祉六法」によって、職務に当たる場合に取得しておかなければならない資格の一つに定められています。

社会福祉主事は、社会福祉飯事務所などの行政機関、有料老人ホーム、社会福祉協議会などの場所で、福祉関連の相談、指導、援助などの実務担当として、実際の現場で個別のケースに当たります。案件によっては、医師、保健師、看護師、介護士と協力してチームサポートの形で関わり、必要に応じて調整役として働く場合もあります。

実際に多く取り扱うのは、介護現場におけるコーディネーター業務などが多く見受けられます。

資格を取得するメリット

社会福祉士よりも取りやすい福祉系公務員資格

社会福祉主事は地方公務員に合格して、福祉行政職を希望する人にとって最適な資格の一つになります。同じような国家資格である「社会福祉士」と比べると、難易度の点はかなり取りやすいのがメリットです。福祉系4年制大学などの特定の条件に当てはまっていれば登録のみで、試験不要で取得できます。

社会福祉協議会や、福祉事務所での就労を考えているのであれば、将来的に押さえておくべき資格といえます。

社会福祉にかかわる行政職で活躍できる

行政機関である福祉事務所や、各種相談機関、社会福祉施設には必置義務が課せられていて、必ず社会福祉主事がいなければならない決まりとなっています。社会福祉関連の行政機関で活躍できる資格です。

民間の福祉施設でも重視されてきている資格

元々は、公的事務所での任用資格として設立されましたが、その信頼性の高さから近年では民間の福祉関連施設でも採用基準の一つに挙げることが多くなってきています。民間の福祉関連施設や、NPO法人などに就職を希望する場合でも、採用に有利に働く資格となるでしょう。

資格をとるには

社会福祉主事任用資格になるには、いくつかコースがあります。試験制度はなく、所定の学科を卒業しているか、法令で定められている養成機関や通信教育課程を卒業すれば取得することができます。最短は、社会福祉法第19条第一号に定められている「大学等において、社会福祉に関する科目を3科目以上修めて卒業したもの」となっており、この条件を満たしている人は申請だけで資格を取得できます。

ただし、卒業年度によって「3科目」に指定されている科目の内容が異なっている点注意が必要です。

この他、

①指定養成機関で22科目1500時間を修了
②都道府県等の開催する講習会で19科目279時間を修了
③前者用中央福祉学院社会福祉主事資格認定通信課程、または日本社会事業大学通信教育課を修了(1年)

等の方法でも資格を取得することが可能です。

履修した科目に関する要件は細かい規定があるので、各社会福祉協議会や社会福祉事務所に問い合わせるか、厚生労働省のホームページなどで確認すると良いでしょう。

問い合わせ先

厚生労働省
東京都千代田区霞が関1-2-2
03-5253-1111(代)
http://www.mhlw.go.jp/

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。