社会福祉士

笑顔の社会福祉士の女性

社会福祉士とは

社会福祉士は、介護福祉士精神保健福祉士とあわせて「福祉系の三大国家資格」と言われる資格の一つです。ソーシャルワーカーという呼ばれ方をする場合もあります。
身体または精神の障害が原因で、日常生活に困難や支障が生じている人の福祉に関して、相談、助言、指導、支援の業務を行う専門職です。

取り扱う分野が非常に広いのが特徴の一つで、保健・医療から児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉、および行政に至るまでの広範な社会福祉業務を行います。精神保健福祉士が、知的・精神障害、介護福祉士が介護に特化しているのに対して、より広く深い知識を求められます。福祉系専門大学などの特定の指定学科の修了がある場合は、精神保健福祉士または介護福祉士とのダブル受験ができることでも知られています。(この場合は重複する学科についての免除が利用できます。)

資格を取得するメリット

社会福祉に関わる広範な仕事が選べる

社会福祉士は社会福祉のエキスパートです。社会福祉に関わる広い範囲の知識と技量を修めているので、就職先となりうる場所が非常に多いのがメリットです。また、職場では専門職として、資格手当等の手当が受けられる場合もあり、就職・収入ともに安定しています。

社会福祉に関わる公職に就ける

社会福祉士は、社会福祉に関わる私的・公的機関への就職に非常に有利な資格です。社会福祉協議会。社会福祉事務所、老人福祉施設など、主だった福祉関連の事務所に就職するための足掛かりになります。

公務員として、児童相談所や精神保健センター、発達障害者支援センター、障害者職業訓練センターなどの公的な機関で働くためには必須の資格と言っても良いでしょう。また福祉就労の現場でも大変重要度の高い資格です。

特に、近年では児童相談所、発達障害者支援センターでのニーズが高くなり、これらの機関では人員を増やす傾向があります。

成年後見人になれる士業

社会福祉士は成年後見人制度における成年後見人を受任できる三士業のうちの一つです。残る2つの資格は司法書士と弁護士で、福祉系資格では唯一の成年後見人受任資格になっています。高齢化が進むなか、認知症の若年化も目立つ近年、成年後見人を受任できる専門職は非常に少なく、福祉の理解をもつ社会福祉士はこの分野でも働くことが可能です。

資格をとるには

社会福祉士の国家試験は年に1回、1月の末に実施されます。試験地は全国24か所が指定されています。受験手数料は社会福祉士だけなら8000円弱ですが、精神保健福祉士または、介護福祉士とのダブル受験の場合は2万円強の費用となります。共通科目の免除を利用して社会福祉士の試験を受ける場合は、費用が減額される場合があります。

社会福祉士は受験資格を得るルートがいくつかあります。

【1】福祉系大学コース…福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する
【2】福祉系短大コース…福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1〜2年経験する
【3】一般大学コース…一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する
【4】一般短大コース…一般の短大を卒業し、実務を1〜2年経験し、一般養成施設に1年以上通学する

国家試験の合格率は20%台後半から30%台を推移しており、年々難易度が上がっていると言われています。難関資格の一つですが、合格した場合のメリットも非常に大きい資格といえるでしょう。

問い合わせ先

公益財団法人社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/index.html

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。