精神保健福祉士

目を閉じる精神保健福祉士の女性

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士は、介護福祉士社会福祉士とあわせて「福祉系の三大国家資格」と言われる資格の一つです。

精神障害に関わる相談業務のプロフェッショナルとして業務に当たります。別名「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」ともよばれます。平成9年制定の政審副保険法に基づいて制定された国家資格です。

精神障害者の健康と福祉に関する専門知識を持ち、円滑な治療や、精神障碍者の社会復帰・参画にかかる助言、相談、日常生活に適応するための訓練や支援を職務とします。身体的支援でなく、精神的支援を行うのが大きな特徴です。

精神科病院や公設の精神保健福祉センター、発達障害者支援センター、メンタルクリニックで働く人が多く、カウンセラー業務を行う人は、この資格を取得していることが多いです。

精神保健福祉士資格を取得するメリット

有資格者が少なく求人が多い

精神保健福祉士は、社会福祉士と比べると有資格者が少ない資格です。反面、有資格者を求める医療機関や専門機関が多いため、資格取得者は多くの求人に恵まれることになります。

近年、企業におけるストレスマネージメントや、うつ病の増加で精神保健への関心が高まっていることから、高い専門性を有する精神保健福祉士へのニーズは多いです。医療機関での勤務だけでなく、一般企業でのストレスケア、福祉就労関連の事業所など活躍の場が広がっています。

資格取得者しか就労できない職場がある

精神保健医療に関連する職場のいくつかは、精神保健福祉士資格を取得していないと就労できない職場があります。言い換えれば「独占市場」ともいえる就労場所がある、ということで、就職・転職のメリットがあり、高い専門性を活かして仕事をするやりがいや、満足感も大きいといえます。

社会福祉士とダブル取得が狙える

精神保健福祉士の資格では社会福祉士と国家試験の科目の一部が共通しています。そのため、社会福祉士と一緒に受験して、両方のダブル取得を狙うことができます。特に指定科目の大学を卒業するなら資格取得に有利です。

自分自身の心のトレーニングになる

心の健康や病の専門家として業務に当たることは、自分自身の精神を鍛錬し、心の健康を保つためのスキルを身に着けることに役立ちます。精神保健福祉士の業務は、他人の心情や感情を深くくみ取ることが求められるため、日常生活においてもこうした「察しの良さ」が役に立つ場面も多いでしょう。

資格をとるには

精神福祉士は、社会福祉士と並んで受験資格を得るまでのハードルが高く、取得しづらい資格と言われています。受験資格を得るまでのハードルが高く、最短でも4年かかります。

受験資格を得るコースによって、変わります。

・4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
・2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修了し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
・精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)修了者
・精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)修了者

このいずれかに該当しなければなりません。

国家試験の実施は例年1月の末頃に行われます。試験地は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県の7か所で開催され、社会保健福祉士との同時受験も可能ですが、同時受験の場合は受験費用が高くなるので注意しましょう。

問い合わせ先

公益財団法人社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/index.html

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。