作業療法士とは

作業療法士と患者

作業療法士とは

医師の指示のもと、患者または要介護者・障害者に何らかの作業を
行わせることで、患者・要介護者・障害者の身体運動機能や、精神心理機能の改善を目指す治療を行う実務者が作業療法士です。作業療法士は国家資格であり、リハビリテーション医療の現場で、理学療法士、言語聴覚士とともに活躍する、医療及び福祉のスペシャリストの一人です。

指導する作業の内容は、日常生活の移動、摂食、排泄、入浴などから始まり、職場復帰のための作業に至るまで、人間の社会生活に広く関わっています。身体機能を補うための福祉器具の使用、職場における作業手順を習得することや、就労環境への適応、住環境への適応支援も行います。

具体的な作業には畑仕事や畜産、園芸などの農作業、手芸、木工、陶芸、音楽(歌唱や楽器演奏)といった創作活動的な作業も含まれます。

勤務先となるのは、身体機能回復に関する医療機関、リハビリテーションセンター、精神保健関連の障害者福祉施設、障害者就労支援施設、老人保健関連施設、デイケアセンター、などがあります。

資格を取得するメリット

ニーズが高く求人が多い

作業療法士は、身体、精神、老人保健の3分野にまたがって活躍の場所がある国家資格です。
同じリハビリテーション系の資格である理学療法士は、精神科での勤務はできませんが、作業療法士は、精神科や、身体・知的・精神障害者施設でも就労することができる分、就職の間口が広くなります。

女性に人気の高い職場

理学療法士に男性が多いのに対して、作業療法士は女性が多い傾向があります。介護現場において、女性が活躍する資格として人気があります。女性の細やかな配慮や観察力、感覚が活かされる職種と言えそうです。

患者、高齢者や障害者の「心の健康」にも関わることができる

作業療法士は、患者、高齢者、障害者の心理・精神面の健康にもかかわることができる資格です。身体的な機能の問題だけではなく、心理的、精神的な要因で起こる不調についても知識・理解が必要になります。
作業療法士の資格取得の課程で、「心の健康」に関しても深い知識を得ることができます。

資格をとるには

国家試験は2月の終わりに実施されています。試験地が北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県の8か所になるので、最寄りの試験会場を早めに調べておくようにすると良いでしょう。

試験は筆記と口述試験及び実技となっています。

受験資格は、高校卒業後、文部科学大臣の指定を受けた学校か、厚生労働大臣指定の養成所で3年以上の作業療法士として必要な知識・技術を学んだ者、とされています。指定学科のある福祉系大学、短大、専門学校がこれに該当します。卒業後の合格率は80〜90%と高めですが、年によって70%台になったこともあり、十分な準備をしておくと安心です。

問い合わせ先

一般社団法人 日本作業療法士協会
〒111-0042
東京都台東区寿1-5-9 盛光伸光(もりみつしんこう)ビル7階
http://www.jaot.or.jp/

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。