理学療法士

リハビリを支援している理学療法士

理学療法士とは

理学療法士はいわゆる「リハビリ」の専門家です。事故や脳血管障害等の脳の損傷で、体の正常な運動機能が損なわれた人に、正常な身体機能を回復させる目的で、物理療法(理学療法)を行う人です。

物理療法の種類は、治療体操、運動、マッサージ、電気刺激、温熱などを医師の指示のもと行います。

トレーニングを施すことで、筋力の回復や、関節の可動域の拡大、痛みの軽減を目指すほか、日常生活の動作がスムーズに行えるようにする「日常生活活動訓練」や、車いす、杖などの補助具の使用に関する助言、使用の訓練なども行います。

資格を取得するメリット

男性が多い職場

理学療法士は男性の方が女性よりやや多い傾向があります。理学療法の中には、患者の体を直接支え手持ちあげたり、重量のある治療器具を取り扱うなど、治療を行う側にも筋力・体力を求められる場面があり、男性の方が有利な一面があります。

患者の年齢層が広い

理学療法士の取り扱う患者の年齢層は、先天的な障害、事故やプロスポーツでけがをした人から、加齢による脳血管疾患で発生するものまで、ほとんど全年齢対応になります。勤務先も医療機関から高齢者介護施設まで幅広いメリットがあります。

理学治療に特化した治療のエキスパートになれる

理学療法士は、作業療法士と異なり、あくまでも身体機能の回復のみを治療の対象とする患者、高齢者、障害者を扱う職場に勤務します。従って、心理的原因で身体機能に不調をきたしたケースは理学療法士の治療対象ではありません。

その分、理学療法の特化した治療方法のエキスパートとして経験を積むことができます。

資格をとるには

受験資格は高卒相当以上で、文部科学大臣・厚生労働大臣が定める指定学会の学校または養成校で3年以上必要な知識・技術をしたもので、受験年度に卒業済みないし卒業見込みの者、となっています。

理学療法士の国家資格試験は2月の末に実施され、試験会場は、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県の8か所です。同時期に作業療法士の試験も実施されています。試験地が限られている点にも注意しておきましょう。

試験は筆記試験と口述試験、実技試験が実施されます。例年、合格率は90%を超えており、指定学科大学、短大、専門学校でしっかり学習していれば、ほぼ合格することができる資格と言っても良いでしょう。

問い合わせ先

公益社団法人日本理学療法士協会
http://www.japanpt.or.jp/

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。