レクリエーション介護士

レクリエーションをする介護施設の利用者

レクリエーション介護士とは

一般財団法人日本アクティブコミュニティー協会が2014年に設置した認定資格です。経験不問で短期間に取得することが可能で、資格取得者の趣味や特技を活かしつつ、介護現場で高齢者に喜ばれるレクリエーションを提供できるスペシャリストとして活動する資格です。

介護業務の中で、レクリエーションの提供、運営に特化した資格となっていて、資格取得者のアイディアや、着眼点が業務内容に反映されることで、やりがいのある仕事ができる点も人気があります。介護現場で既に働いている人、これから介護業務に就きたい人、家族の介護をしている人など介護に直接関わっている人のほか、ボランティア活動に興味を持っている人からも人気が高まっています。

福祉レクリエーション・ワーカーと類似する資格ですが、より介護の分野に特化している点が異なります。

資格を取得するメリット

介護に適したレクリエーション提供ができる

介護現場ではレクリエーションは非常に重要な活動として認識されているにも関わらず、介護に最適なレクリエーションの在り方だけを専門的に学ぶ機会は、実は意外と限られています。レクリエーション介護士として学習を重ねることで、介護に必要なレクリエーションの基礎知識が身につきます。これによって、介護現場に最適なレクリエーションの提供や、より円滑な運用が可能になり、介護現場におけるレクリエーションリーダーとして働く書脱生が広がります。

新しい資格なのでまだ取得者が少ない

レクリエーション介護士の資格は、2014年に新たにできたばかりの、新しい資格です。そのため、まだ資格を取得した人が少なく、注目度が高い人気の資格となっています。職場やこれからの就職でレクリエーション関連の業務を担当したい人にはぴったりの資格です。

在宅・短期間で取得できる

レクリエーション介護士の資格は通信教育が発達しており、在宅の30〜1時間程度の学習で平均3か月程度での取得から可能となっています。短期間で取得できる点も魅力の一つです。

資格をとるには

認定資格であるため、通信教育で所定の課程を修了し、認定試験で60%の正答率をクリアすることで取得できます。受講資格はなく、誰でも受講することができます。

通信課程では所定の回数の添削試験は、受講期間中ならば何度でも再試験を受けることができるので、確実に課題をこなしていくこともできるようになっています。自宅で受講できる点、働きながら資格取得を目指す人に向いている資格と言えるでしょう。

費用は3万強〜4万円程度で、資格取得までの期間は3か月程度、受講期間は1年程度となっています。

問い合わせ先

一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会
https://www.japan-ac.jp/

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。