介護食士

介護食士が考えた和定食

介護食士とは

加齢にによって食べ物をかみ砕く「咀嚼」、飲みこむための「嚥下」の力が低下していくよう愛護者のために、残存能力に応じた適切な介護食を作るための知識、調理技術を身に着け、福祉施設や病院、訪問看護の場で介護職を作る業務に当たるのが介護食士です。

内閣総理大臣認定、公益社団法人全国調理職業訓練協会が儲けている認定資格で、公益事業としての認定も受けています。

要介護者のための食事を計画、調理、低ようすることができる専門資格であり、講習内容も非常に内容の濃いものになっています。

資格を取得するメリット

介護食関連のより専門性が高い知識・技術が身に着く

介護食士は、既にホームヘルパー、栄養士、調理師、介護福祉士などの介護関連に携わる人が合わせて資格取得に臨み、2つ目以降の資格として人気があります。特に、3級の視覚講習会は、介護食の基礎知識を取得できることから、介護食に興味のある一般の人も多数参加するなど、人気の高さがうかがえます。

ケア・マネージメントに関わる強み

高齢化社会において、高齢者が利用する「食」関連の施設は増加しています。介護食士の資格は、介護食の専門資格として、高齢者医療の現場における有利な資格となります。

グループホーム、高齢者介護施設、病院などの施設での就労のほか、ケアマネージャー、在宅介護、一般外食産業や、配食サービス会社、食品製造会社など、就労に結びつく場所が広いのが大きなメリットでしょう。

高齢者を「食」で支える現場に広く就職のチャンス

高齢化社会において、高齢者が利用する「食」関連の施設は増加しています。介護食士の資格は、介護食の専門資格として、高齢者医療の現場における有利な資格となります。

グループホーム、高齢者介護施設、病院などの施設での就労のほか、ケアマネージャー、在宅介護、一般外食産業や、配食サービス会社、食品製造会社など、就労に結びつく場所が広いのが大きなメリットでしょう。

資格をとるには

介護食士には、1級から3級の種別があり、年間3500人ほどが取得しています。

受講は公益社団法人全国調理職業訓練協会が指定している、全国のスクールで受けることができ、3級は受講資格不要で誰でも受講できます。受講費用はスクールによってまちまちで、平均すると7〜9万円程度となり、認定資格の中では比較て低価格で受講することができます。

講習内容は学科と実技の両方があり、3級の場合は「学科24時間、実技48時間」と実技の方が高い比率になっています。講習内容は3級、2級、1級で

2級以上は、以下の受講資格を満たすものでなければ受講できません。

介護食士2級・・・公益社団法人全国調理職業訓練協会が指定した認定施設において、介護食士3級資格を取得した者。
介護食士1級・・・公益社団法人全国調理職業訓練協会が指定した認定施設において、介護食士2級資格を取得した後、2年以上、介護食調理の実務に従事した25歳以上の者。

それぞれ、所定の講習に8割以上出席して、更に受講終了後、筆記及び実技の修了認定試験を受けます。合格ラインは60点以上です。

問い合わせ先

公益社団法人全国調理職業訓練協会
http://www.kaigosyokushi.jp/

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。