介護職員初任者研修

介護職員初任研修

介護職員初任研修とは

介護職員初任研修は、介護職の入門編ともいえる資格です。初めて介護に携わる人なら、必ず取得しておくべき資格でもあり、この資格をファーストステップとして、より上位の資格を取得するための受験資格である実務経験を得るのにも役立ちます。

介護職員初任研修は、2013年に法改正によって設立されたもので、旧制度の「ホームヘルパー2級」に該当する内容の介護を行うことができます。しかし、ホームヘルパー2級と比べると、より、実務に適した内容となっているところが異なります。従前の制度でホームヘルパー2級を取得済みの場合は、介護職員初任研修取得済みとして扱われます。

介護職員初任研修は正確に言うと所定の講習を受講するだけで得られる終了認定であって、資格ではありません。しかし厚生労働省の認定する研修であり、老人ホームなどの高齢者介護施設、訪問看護(ホームヘルパー)の仕事に就きたいなら、実質的な必須資格と言っても良いでしょう。

上位資格に実務者研修があります。

資格を取得するメリット

介護に必要な基礎知識・技術が身に着く

介護職員初任研修は介護職の基本中の基本
ともいえる資格です。この資格取得のための講習では、介護者として最低限身に着けておく必要がある「介護の基礎知識」「介護の基礎技術」を学びます。これらの知識を基礎として、実際の介護現場における介護者の立場や基本姿勢などの考え方も身につきます。

取りやすい資格で就職先が多い

介護職員初任研修は非常に取りやすい資格です。要件さえ満たせば在宅で資格を取ることもできます。国家試験が必要な資格のような、厳しい受験資格もなく、ほぼ「誰でも」受講することが可能です。高齢者介護の関連業務は、慢性的な人手不足状態が続いているので、取りやすい資格の割には就職先が多いのも魅力の一つと言えるでしょう。

基本的な介護ができるようになる

介護職員初任研修を終了すると、基本的な介護ができるようになります。

高齢化社会と言われる日本では、介護職に就かなくても、自分自身の祖父母や両親などの介護が必要になる可能性が誰にでもあります。しかし、「突然、介護をしなければならなくなった!」という状況になると、介護の基本動作や介護の心構えをしらないために、介護者の方が体調を崩してしまったり、腰や肩を傷めることが起こりがちです。仕事で
介護職員初任研修を修めていることで、身内に介護の必要が生じた際も対応がスムーズになります。

介護福祉士への間口になる

介護福祉士やケアマネージャーなどの介護関連の上位資格を、指定学科の学校を卒業せずに取得するには所定の年数の実務経験を積まなければなりません。介護職員初任研修を皮切りにして、実務経験を積むことで、上位資格へチャレンジする道も開けます。

資格をとるには

介護職員初任研修は所定の研修130時間の受講を完了すると付与されます。終了時に1時間程度の筆記試験による「評価試験」があります。一定基準を下回る場合は、知識・技術の習得が不十分とされて補講が必要になります。基本的には講習さえしっかり受けれていれば誰でもとることができます。

講義は厚生労働大臣が定めた基準を満たし、都道府県が指定する事業者が実施します。働きながら受講することも可能ですし、座学に関しては通信教育で受講もできます(ただし、スクーリングが必要になります)。講習の期間は、全日制をとる学校などではおよそ1か月、通信教育とスクーリングを併用した場合で3か月程度が目安です。

資格の取得そのものは難しくありませんが、最短で取得したいならば、最寄りのスクールを利用するような方法を検討するのが早道です。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。