介護福祉士

介護の仕事をする女性

介護福祉士とは

介護福祉士は、和製英語で「ケアワーカー」とも呼ばれる資格で、高齢者介護に代表される「介護業務」の専門家です。社会福祉士精神福祉士とあわせて「福祉系三大資格」とも呼ばれる福祉関連の代表的な国家資格の一つとして数えられています。

高齢者や車いすの肢体不自由者の介護を専門とする資格であり、車いすでの移動も含めた「身体介護」、介護施設・サービス利用者空の相談に応じてアドバイスを行うへの「相談・助言業務」、家事、身の回りの世話といった「生活支援」なども行います。

介護現場では、一緒に働く介護職員初任研修修了者を始めとする、認定講習修了者などの実務担当者を指導し、助言を行うのも職務の一つで、介護現場における実質的なリーダー役ともなります。

介護関連施設全般に関わっており、介護サービスにおける中心的存在です。

資格を取得するメリット

医療・介護関連の就職に非常に有利

介護福祉士の職場は、病院、介護老人福祉施設、特別養護両腎ホーム、デイケアセンターなどの高齢者向け施設から、社会福祉施設(障害者福祉サービス事業所など)、訪問看護事業所、グループホームなどが就職先となります。

これらの職場は慢性的な人材不足に悩まされているため、資格取得者が就職先に困ることは、まず考えられないでしょう。

介護の上級資格としてキャリアアップにつながる

介護関連は認定資格がたくさん存在していて、講習を受講するだけで取得できるものもあります。これらに比べて介護福祉士の資格は上位資格として認知されており、介護福祉士の資格を取得することで、昇格・昇給のチャンスが大きくなります。介護福祉士を取得したことで責任者待遇になり、それに伴って賃金も上がる、というパターンが多いと言われています。

もちろん、資格を取得することで、より高度な介護サービスを行う職場への転職によるステップアップもはかれます。

資格をとるには

介護福祉士の国家試験を受けるには、3つのルートがあります。

・実務経験ルート・・・実務経験3年以上(後述)の者が受験を申込み筆記試験と実技試験を受けるか、実務者研修を終了して筆記試験を受け、実技試験免除。
・福祉系高校ルート・・・卒業し受験資格取得後、筆記試験及び、実技試験を受ける(平成20年以前と、平成21年、新制度の3つのパターンがある)
・養成施設ルート・・・高校卒業後、各種要請施設(福祉系大学など複数あり)を修了して後、登録および認定を受ける

実務経験ルートで介護福祉士の受験をする場合に受験資格を得るための実務経験は「従業期間3年(1095日)以上で、かつ従事日数540日以上」となっています。従業機関には産休や休業している期間も含まれます。従業日数については、更に細かい規定があります。

高校卒業時点で進路を選ぶならば、福祉系の要請所や大学を選ぶとスムーズに取得できます。

試験は筆記が1月頃、実技が3月に実施されます。筆記試験は全国34か所、実技は12か所の試験場で実施されます。実施値は社会福祉辰興・試験センターのホームページで公開されています。合格率は60%前後と、やや難しい資格といえそうです。

問い合わせ先

公益財団法人社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp/index.html

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。