重度訪問介護従業者

患者の自宅で介護をする重度訪問介護従業者

重度訪問介護従業者とは

訪問介護業務を行う資格の一つで、2006年施行の障害者自立支援法に基づく居宅介護(障害児(者)ホームヘルプ)業務で、特に重い障害と認定される、障害程度区分3〜6の障害を持つ人に対する訪問介護業務を行うことができるようになる資格です。肢体不自由などの重度障害者の居宅を訪問して、洗面、入浴、排泄、食事の介助などから調理、洗濯、清掃、買い物といった家事全般、外出時の同行支援などの生活全般にわたる介護業務を行います。

都道府県知事の指定する重度訪問介護従業者養成研修を修了することで資格の取得ができます。

基礎となる資格有していることが取得の条件となることや、利用者が重度障害者に限定されるため、現時点での知名度はそれほど高くはありません。しかし、高い専門性があることから今後は注目度が上がってくるものと思われます。

資格を取得するメリット

障害者介護に進みたい人の必須資格

重度訪問介護従業者の資格は、肢体不自由などで常時介護が必要な人に対する介護のプロフェッショナル資格です。
重度訪問介護従業者資格は、重い障害を持つ人に特化した資格であり、訪問介護が行える他の資格と比べると専門性が高くなっています。常時介護を必要とする、重度障害者の介護知識や、応用技術、緊急時対応に関する研修を受けることで、一般の介護よりも難しい技術を必要とする対応も可能になります。

より高度な介護技術が身に着けられる

重度訪問介護従業者は、訪問介護に関する資格としては上位の資格に位置します。業務の内容も、旧制度であるホームヘルパー2級、訪問介護従業者と比べると、より高度な介護に関わる技術を習得することができます。

資格をとるには

重度訪問介護従業者の資格を取得するには都道府県知事の指定する「重度訪問介護従業者養成研修」を修了する必要があります。重度訪問介護従業者養成研修には、基礎課程と追加課程の2つの課程があり、受講資格は実施する自治体によってばらつきがあります。一部のスクールなどでは、基礎となる、居宅介護従業者養成研修、介護員養成研修、旧日常生活支援従業者養成研修のいずれかの課程を修了、または、介護福祉士の資格を取得している必要がある、としているケースもあるようです。

研修完了までの所要時間、日数も実施する自治体によって変わります。目安としては概ね20時間程度の研修(実技も含む)が行われている模様です。

人材不足の折から、未経験者を対象として自治体が重度訪問介護従業者養成研修を直接実施しているところもあります。広報や自治体ホームページに案内が掲載されています。自治体が直接行う場合は費用が安価になる傾向があるので、こまめにチェックしておくと少額・短期で資格習得ができる場合があります。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。