福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員の女性がクリアファイルを持っている

福祉用具専門相談員とは

福祉用具とは、高齢者や障害者が日常生活を円滑に送るために必要とする用具のことを指す言葉です。たとえば、自力での歩行や移動が困難な人が使用する車椅子、杖などの歩行補助具、トイレや階段などに取り付ける手すりやスロープ、室内で使用するポータブルと言入れ、入浴介助のための用具、介護ベッドなども含まれます。

福祉用具専門相談員は、介護保険制度に基づいて高齢者や障害者が使用する介護用具、福祉用具の貸与や購入を行うときに、専門的な見地による選び方、使い方のアドバイスを行う専門相談員資格です。

介護保険法では、福祉用具の購入・貸与(レンタル)の際は、必ず介護用具専門相談員との相談を行うことを定めています。福祉用具の購入、使用、運用が適切に行われるように、法律に基づいて相談・指導業務をおこなう大切な役割を担っています。

より上位に位置づけられる資格に、福祉用具プランナーがあります。

資格を取得するメリット

貸福祉用具の貸与事業における必須資格

福祉用具専門相談員は介護保険に基づく福祉用具の入手の時、必ず相談業務を行わなければなりません。特に福祉用具のレンタルを行う「指定福祉用具貸与事業所」では、有資格者を2名以上必ず置くことを定められています。従って、資格を取得していれば、福祉用具貸与事業所への就職の道が開けます。

日本の住宅事情から、福祉用具のレンタル事業は右肩上がりの業界であり、今後も新規参入が期待できます。福祉用具そのものも、新しいものが次々と開発、販売されていくことが考えられますから、まさに「これからの資格」といえるでしょう。

訪問介護からドラッグストアまでプラスワンの報酬アップにつながる

高齢者の食事介護用品などは、ドラッグストアなどでも取扱いがされるようになりました。福祉用具専門相談員の資格を有していると、店頭販売の際の相談業務が行えるようになることで、資格手当等の昇給チャンスにつながります。

また訪問介護の現場でも、加齢による機能低下でそれまでは必要なかった福祉用具の必要が生じてくる場合もあります。訪問介護事業所でも福祉用具専門相談員はニーズの高い資格といえます。他の介護資格と一緒に取得すると、更にメリットが大きくなります。

福祉用具を開発する側で就職も可能

福祉用具を開発、製造、販売する側にとっても、福祉用具専門相談員の資格は非常に有益です。法律上の制度で定められている基準や、使用する側の心理など、福祉用具を開発するために役立つカリキュラムを多く含んでいることから、取得しておけば、福祉用具メーカーへの就職を希望する人にも有利なアピールポイントになります。

資格をとるには

50時間の講習を受講し、受講後に行われる評価試験で一定基準以上の点数をとることで、原則誰でも取得することができます。各地の資格スクールで講習が開催されていて、原則的に通学が必要となります。受講費用は7万円前後です。

比較的新しい資格であることから、講習開催先はまだあまり多くなく、大手の資格スクールが中心になっています。地方都市での講習開催はあまり期待位できず、大都市中心になっているのが現状です。

問い合わせ先

一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会 事務局
http://www.zfssk.com/index.php

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。