福祉住環境コーディネーター(1級〜3級)

福祉住環境コーディネーターの女性

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者ができる限り自立して生活しやすくなるよう、バリアフリーな住環境を整えるために、ニーズに合わせた最適な住宅改修プランを検討・提示する業務を行う資格です。

福祉住環境コーディネーターは、医療、福祉、建築に関する幅広い知識をもち、高齢者や障害者医療・福祉各部門専門家と連携を取りながら、介護の必要な人が暮らしやすい住環境を整えるサポートを行います。介護保険を利用して住宅改修を行う際の具体案や、利用できる助成金の案内も業務に含まれます。

資格は東京商工会議所の実施する試験によって3級から1級までの段階的資格が取得できます。2級以上になると、介護保険を利用して住宅の改修を行う際の書類作成代行事務を行うことができるようになります。業務に携わるための取得なら、2級以上の資格を取ることが必要になります。

資格を取得するメリット

介護現場でのアドバイスが行える

福祉住環境コーディネーターの資格を取得する過程で、介護に関する学習も一通り行います。資格取得すると、介護保健を利用しての住宅のリフォーム、増築に関する相談実務が行えるようになります。既に介護現場での勤務を始めている人は、介護について「住まう」という視点の知識も身につく上、サービス利用者に対して、より暮らしやすい環境整備に関する相談や支援も行うことができるようになります。

住宅販売の仕事にも就職できる

福祉住環境コーディネーターの資格を保有していると、福祉・介護の現場だけではなく住宅を提供する側の職場での仕事にも有利な面があります。たとえば住宅営業などでは、顧客にリフォームや新築物件について、福祉住環境コーディネーターの視点からの適切なアドバイスを行うこともできるようになります。有資格者によるアドバイスになる訳ですから、顧客からみても、信頼感が高くなります。

自宅の改修や新築にもメリットがある

平均寿命が延び少子高齢化が進む日本では、今後、日本人の一人ひとりが何らかの形で介護に関わる時代も、もう間もなく迫っていると言われます。また、働き盛りの年代は介護年代の親がいることが多いもので、将来的には在宅で介護が必要になる可能性もあります。また、両親が祖父母の介護に携わる場合も珍しくありません。

そうした中、福祉住環境コーディネーターの資格を持っていれば、住宅の介護のためのリフォームや改修工事についても適切な判断、相談が行えます。自宅を新築する際も、長い目で将来を見据えて、介護が必要になった時の改修を前提にしたプランも立てられます。

資格をとるには

学歴、年齢、性別、国籍一切の制限がなく、誰でも受検することができる資格です。1級の受験のみ、受験時点で2級資格を修了していることが受験資格となりますが、2級からの受験、2,3級の同時受験も可能となっています。試験の実施に伴い、障害のある人への対応が行われています。受験申し込みの際に対応希望を出すことで、特別対応が受けられます。

2級と3級は7月と11月、1級は11月の実施です。試験会場は全国各地の商工会議所となっています。いずれも7割上正解が合格範囲です。

受検にかかる費用は3級がおよそ5千円程度、2級で7千円、1級が1万円強となります。受検の申し込みは東京商工会議所検定センターとなり、同ホームページでも情報が後悔されています。

問い合わせ先

東京商工会議所 検定試験情報
http://www.kentei.org

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。