フードケアワーカー

フードケアワーカーが考えた食事

フードケアワーカー(介護食)とは

高齢者介護の場において、「介護食」のプロフェッショナルとして業務に当たるのがフードケアワーカー(介護食)です。フードケアワーカー(介護食)は、「介護技術」「介護食に関する専門知識」「介護食を調理し得る調理技術」の全てを身に着けた、介護食のスペシャリスト資格として位置付けられています。

特に、高齢者に最適な食事とサービスを提供するために、栄養学、介護食、病態食などの専門的な知識について学び、実践的な調理技術を身に着けることができます。加齢によって咀嚼力や内臓機能が低下していくなどの高齢者特有の身体的な特性、食事の持つ、栄養学的見地からの健康増進効果、心理的な効果なドについて学びます。更に、食事療法が必要とされる糖尿病などの病気の知識と、その症状に合わせた治癒食の作り方なども総合的に学んでいけます。

受講と認定試験だけで取得することができる資格であり、高齢者の「食」に関する分野の幅広い活躍が期待できます。

資格を取得するメリット

介護食士よりも更に資格が取りやすい

よく似た資格に内閣総理大臣認定の「介護食士」があります。フードケアワーカー(介護食)は民間資格で、

日本福祉ビジネス専門学院と辻クッキングスクールが共同主催する講習を受講・修了することで資格を取得できます。こちらのほうが、受講資格などの条件はやや緩いので、介護食士よりも取りやすさの点でメリットがあります。更に上位資格である介護食アドバイザーの取得への道も開けます。

介護現場への就職に有利

フードケアワーカーの資格は、介護食を調理する実践的な技術や、介護食に関わる栄養学的な知識、病気に関わる治癒食の知識が資格取得で証明できます。このことで、入院施設のある病院や、高齢者介護施設、グループホーム、特別養護老人ホームなど、広く介護食を必要とする職場への就職に有利になります。実践的な学習で調理技量も向上します。

自分の家族を介護するときにも役立つ

フードケアワーカーの資格は、高齢者が食事を楽しんで取り、食を通じて健康を維持することにつながる視覚です。一億総介護時代と言われるほど高齢化が深刻な日本では、中年以降は誰でも身近な介護に関わる可能性をもっており、介護食は必須の知識と言えます。親族、家族の介護が必要になった時に、フードケアワーカーは必ず役立つ資格と言えます。

資格をとるには

受講資格は特に定められておらず、興味がある人であれば誰でも挑戦することができます。受講方法は、通信教育が多数派となっているようです。カリキュラムはスクールごとに多少の差異はあります。

講義の一例

●高齢者の心理
●栄養学の基礎知識
●介護食の基礎知識ならびに高齢者の病気と食生活
●食材の基礎知識

などの内容が学べます。学習はテキストとDVDを併用したものに、スクールによってはメールやオンラインのサポートが利用できるようになっています。

通信教育の場合費用は4万円弱〜5万円程度で、各種割引が適用されるところが多いようです。受講期間はスクールによって若干違いがあります。申し込む前にしっかり比較確認しておくと安心です。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。