介護職の資格ガイド

福祉事務管理

福祉事務管理とは 日本医療秘書学会が平成13年に創設した、介護保険制度と介護報酬請求事務に関する能力に関する民間資格です。正式名称は、「福祉事務管理技能検定試験」といい、医療事務分野の中でも、特に介護保険と介護報酬請求事...…続きを読む

福祉レクリエーション・ワーカー

福祉レクリエーション・ワーカーとは 高齢者介護や障害者福祉の場面で重要な役割を果たしているのが「レクリエーション」です。一般的なレクリエーションというと、学校などの教育現場や地域活動の中の「楽しみ」といった意味合いが大き...…続きを読む

認定心理士

認定心理士とは 認定心理士とはカウンセラーとして働く資格のひとつで、公益社団法人日本心理学会が認定する心理学の基礎資格の一つです。 四年制大学で心理学基礎知識と基礎技能を習得している人に対して、申請することで付与される認...…続きを読む

認知症ケア専門士

認知症ケア専門士とは 認知症ケア専門士は、認知症患者に対して、認知症ケアに対する学識、倫理、高度な技術を備えて、専門技術史としてケアに当たることを目的として、一般財団日本認知症ケア学会が新設した民間資格です。 認知症は高...…続きを読む

点字技能検定

点字を触る人

点字技能検定とは 視覚障害者の文字である「点字」に関して、とびぬけた技能・知識を持ち、点字資料製作の実務経験を積んだ人の、点訳、点字筆記技術について証明する検定試験が点字技能検定です。点字に関わる専門資格の中でも狭き門で...…続きを読む

介護予防指導士

介護の仕事をする女性

介護予防指導士とは 加齢によって、誰でも将来的に必要になってくると考えられる「介護」を、漫然と介護が必要になるときまで過ごすのではなく、積極的対策を取ることで予防していこうというのが「介護予防」という考え方です。 人が年...…続きを読む

手話通訳士

手話通訳士とは ろう者、高度難聴者などの聴覚障害者に対して、手話を通じて通訳業務を専門的に行うのが「手話通訳士」です。聴覚障害者と健聴者の仲立ちや、意思伝達を助ける重要な公的資格となっています。平成27年時点では全国に3...…続きを読む

手話技能検定

手話技能検定とは 手話技能検定は手話に関わる民間資格の一つです。「手話という言語」の技能を確認するための客観的な指標として設けられている検定です。お馴染みの「英検」「日本語検定」の手話版と言い換えればわかりやすいかもしれ...…続きを読む

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格とは 社会福祉主事任用資格は、公的資格の一つで、地方自治体に設置されている福祉事務所内で事務をつかさどるための資格です。公務員が福祉に関わる職務に就く際のルールを定めた「福祉六法」によって、職務に当た...…続きを読む

視覚障害者生活訓練等指導員(歩行訓練士)

運動指導をする介護職

視覚障害者生活訓練等指導員とは 視覚障害者生活訓練等指導員とは、視覚障害者の日常生活に関わる訓練を専任的に行う指導員資格です。「歩行訓練士」とも呼ばれています。 視覚障害者の自立支援を目的に、下記の3分野に関わる訓練実務...…続きを読む

行動援護従事者養成研修

行動援護従事者養成研修とは 知的障害者、および精神障害者のうち、移動や日常行動の際に危険が生じる恐れがある場合に、その危険回避に必要な援護を行うことや、外出時における移動中の介護サービスを提供するための資格です。障害者総...…続きを読む

介護食士

介護食士とは 加齢にによって食べ物をかみ砕く「咀嚼」、飲みこむための「嚥下」の力が低下していくよう愛護者のために、残存能力に応じた適切な介護食を作るための知識、調理技術を身に着け、福祉施設や病院、訪問看護の場で介護職を作...…続きを読む

レクリエーション介護士

レクリエーション介護士とは 一般財団法人日本アクティブコミュニティー協会が2014年に設置した認定資格です。経験不問で短期間に取得することが可能で、資格取得者の趣味や特技を活かしつつ、介護現場で高齢者に喜ばれるレクリエー...…続きを読む

フードケアワーカー

フードケアワーカー(介護食)とは 高齢者介護の場において、「介護食」のプロフェッショナルとして業務に当たるのがフードケアワーカー(介護食)です。フードケアワーカー(介護食)は、「介護技術」「介護食に関する専門知識」「介護...…続きを読む

サービス介助士(ケアフィッター)

サービス介助士(ケアフィッター)とは サービス介助士とは、障害や加齢に伴う心身の運動の力が低下している高齢者の日常生活において、「おもてなしの心」と「適切で正しい介助技術」によって、日々の生活の手助けを行う 業務を担当す...…続きを読む

難病患者等ホームヘルパー

難病患者等ホームヘルパーとは 長期間にわたる慢性的な病気で、永く治療や介助が必要になったり、治療方法がまだ確定していないために、後遺症を残すケースが起こりやすいといわれる難病。日常生活においても、特に細かな注意を必要とす...…続きを読む

高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーターとは 高齢者コミュニケーターは、高齢者に特有の意思疎通の特徴を学び、高齢者と円滑なコミュニケーションを図るための技術を取得して、主にカウンセリングなどの相談・助言業務を行うための資格です。 高齢者と...…続きを読む

ガイドヘルパー(移動介護従事者)

ガイドヘルパー(移動介護従事者) 障害や加齢が原因で起こる歩行困難で、単独での外出が難しくなっている人に対する支援業務を行う資格を総称して、ガイドヘルパーと呼びます。 利用者のニーズによって、業務内容はいくつかの細かな分...…続きを読む

介護事務(ケアクラーク)

介護事務(ケアクラーク)とは 介護サービスを利用することに伴って生じる、様々な事務処理を選任的に行うのが介護事務(ケアクラーク)の役割です。似た資格に医療事務がありますが、介護に関わる内容だけに特化している点が医療事務と...…続きを読む

行動援護従業者

行動援護従事者とは 行動援護従業員は、ガイドヘルパー職の1種です。ガイドヘルパーとは、障害や加齢による筋力や関節などの衰弱による運動機能の低下等が原因となって、単独での外出・行動が困難になっている人の介助を行う介護資格の...…続きを読む

重度訪問介護従業者

重度訪問介護従業者とは 訪問介護業務を行う資格の一つで、2006年施行の障害者自立支援法に基づく居宅介護(障害児(者)ホームヘルプ)業務で、特に重い障害と認定される、障害程度区分3〜6の障害を持つ人に対する訪問介護業務を...…続きを読む

福祉用具プランナー

福祉用具プランナーとは 福祉用具プランナーは、福祉用具のスペシャリスト資格のひとつです。高齢者や障害者が福祉用具を選び、また使用する際に、使用者に対して適切な福祉用具を選択できるように支援して、使用方法を指導することを業...…続きを読む

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員とは 福祉用具とは、高齢者や障害者が日常生活を円滑に送るために必要とする用具のことを指す言葉です。たとえば、自力での歩行や移動が困難な人が使用する車椅子、杖などの歩行補助具、トイレや階段などに取り付ける...…続きを読む

福祉住環境コーディネーター(1級〜3級)

福祉住環境コーディネーターの女性

福祉住環境コーディネーターとは 福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者ができる限り自立して生活しやすくなるよう、バリアフリーな住環境を整えるために、ニーズに合わせた最適な住宅改修プランを検討・提示する業務を行う資...…続きを読む

作業療法士とは

作業療法士と患者

作業療法士とは 医師の指示のもと、患者または要介護者・障害者に何らかの作業を 行わせることで、患者・要介護者・障害者の身体運動機能や、精神心理機能の改善を目指す治療を行う実務者が作業療法士です。作業療法士は国家資格であり...…続きを読む

理学療法士

リハビリを支援している理学療法士

理学療法士とは 理学療法士はいわゆる「リハビリ」の専門家です。事故や脳血管障害等の脳の損傷で、体の正常な運動機能が損なわれた人に、正常な身体機能を回復させる目的で、物理療法(理学療法)を行う人です。 物理療法の種類は、治...…続きを読む

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは 精神保健福祉士は、介護福祉士、社会福祉士とあわせて「福祉系の三大国家資格」と言われる資格の一つです。 精神障害に関わる相談業務のプロフェッショナルとして業務に当たります。別名「精神科ソーシャルワーカー...…続きを読む

社会福祉士

笑顔の社会福祉士の女性

社会福祉士とは 社会福祉士は、介護福祉士、精神保健福祉士とあわせて「福祉系の三大国家資格」と言われる資格の一つです。ソーシャルワーカーという呼ばれ方をする場合もあります。 身体または精神の障害が原因で、日常生活に困難や支...…続きを読む

介護福祉士

介護の仕事をする女性

介護福祉士とは 介護福祉士は、和製英語で「ケアワーカー」とも呼ばれる資格で、高齢者介護に代表される「介護業務」の専門家です。社会福祉士、精神福祉士とあわせて「福祉系三大資格」とも呼ばれる福祉関連の代表的な国家資格の一つと...…続きを読む

介護支援専門員(ケアマネージャー)

若いケアマネージャーの女性二人

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは 介護保険制度に基づいて、独居または家族と同居する要介護認定を受けた人と面談を行い、介護・支援の具体的な内容を決めて、個々の介護プログラムの調整を行う重要な役割を果たすのが介護支援専...…続きを読む

介護福祉士実務者研修資格

腕を組む介護士

介護福祉士実務者研修資格とは 介護に関する一般的な技術、知識、思考プロセスを習得して、一般的な介護業務を行うことができる資格です。2013年に介護保険法によって制定されて、旧制度の訪問介護職員1級(ホームヘルパー1級)や...…続きを読む

介護予防運動指導員

運動指導をする介護職

介護予防運動指導員とは 高齢者筋力向上トレーニングなどの介護予防サービスに置いて、体のケアを中心とした支援に携わって直接的指導を行うのが介護予防運動指導員です。 介護予防運動指導員の業務内容は大きく分けて次の3つです。 ...…続きを読む

介護職員初任者研修

介護の正職員

介護職員初任研修とは 介護職員初任研修は、介護職の入門編ともいえる資格です。初めて介護に携わる人なら、必ず取得しておくべき資格でもあり、この資格をファーストステップとして、より上位の資格を取得するための受験資格である実務...…続きを読む

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。