介護職が正職員・正社員になるための5つのポイント

介護の正職員

正職員を目指して働いているのに、なかなか正職員になれない、正職員にしてもらえないという悩みを持っている人は多いと思います。給料や安定性で言えば断然正職員の方がいいわけですから、それを目指すのは当然です。今回は介護職が正職員になるためのポイントを5つに絞ってご紹介します。

1.「正職員になりたい」という意思をはっきりと伝える

正職員にしてもらうためには、「正職員になりたい」という意思をはっきりと伝えるようにしましょう。

雇用者の目線で考えれば分かりますが、雇用者としてはパートで勤務してもらった方が賃金が安くて済むので、できる限りパートで勤務してもらいたいと考えます。なので、特に意思を伝えずに、心の中で「正社員になりたい」と思っているだけでは、なかなか正職員にはしてもらえません。

なので、上司や施設長、人事部などに「正職員になりたい」「正職員にしてほしい」という意思をはっきりと伝えるようにしましょう。

そうすると、雇用者側も真剣にそれを考えてくれるようになりますし、「なぜ正職員にできないのか」「どうすれば正職員になれるのか」を知ることがので、今後何をすべきかがはっきりとします。

2.経験を積む

一般企業では経験があっても、新卒以外はなかなか正職員にしてもらえないないのが普通ですが、介護の業界では中途であっても正職員にしてもらうことができます。その理由は「介護は経験が大事だから」です。経験があれば仕事はできますし、逆に経験がなければ、年齢がいくつであろうと仕事になりません。

それくらい経験が大事な世界なので、正職員になろうと思うのであれば、まずは経験を積むことが最も大事です。

3.資格を取得する

経験は勤務年数でアピールすることもできますが、資格を取得するとより強くアピールすることができます。

社会福祉士、介護福祉士、介護職員初任者研修等などの資格を取得することで、客観的に経験やスキルをアピールできるようにしましょう。

もちろん、資格があれば正職員になれるわけではありませんが、資格があれば、転職するときにもアピールすることができるので、正職員の経験がなくても、アピール次第では正職員として採用してもらうことも十分可能です。

4.地域の支援制度を活用する

あまり知られていませんが、全国の地方自治体では介護職が正職員になるためのサポートをしているところがあります。

資格を持っていなければ資格を取るための支援をしてくれたり、研修費用や交通費を支援してもらえたりします。

例えば、千葉県の松戸市の例ですが、支援制度に申し込みをして、面接に合格すると、指定の事業所と4か月の有期雇用契約を結びます。その期間中に介護職員初任者研修を受講し、資格を取得できたら、その事業所と正職員として採用されるという仕組みです。

これは地方自治体によって様々なので、興味のある人はハローワークや市町村役場などに尋ねてみるのがいいでしょう。

5.転職して正職員になる

正職員になれるかどうかは経験や年齢、資格の有無よりも、施設の考え方や方針によるものが大きいです。経験を積んで、資格を取得して、真面目に働き続けても正職員にしてもらえないのであれば、その施設は正職員にする気がないということです。それ以上アピールしても無駄に終わるかもしれません。

それなら転職してしまった方が得策です。経験やスキルのある介護職員は全国の事業所や施設から常に求めらているので、自分の経験を必要としてくれるところへ転職するのは難しくありません。本当に経験とスキルがあれば正職員で採用してもらえます。

スマイルサポート介護カイゴジョブなどのような、キャリアコンサルタントが担当につく求人サイトに登録するれば、正職員になれる求人を紹介してもらえますし、経験を上手にアピールしてもらうことができます。無料で使えるので、こうしたサービスも活用するようにしたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。介護職は経験を積んでもなかなか正職員になれないことは多々あります。そういう時はこの記事を参考にしてもらえれば幸いです。

シェアする

関連する記事

オススメの人気記事

給料が高い施設・資格・職種ランキング!
介護の仕事はみんなどれくらい給料をもらっているの?運営母体、施設形態、職種、資格、勤務年数別にランキング形式で平均給料を紹介します。
介護職が給料アップするための5つの方法
「給料が安い!」という悩みを抱えている介護職のために、介護職が給料アップするための5つの方法をご紹介したいと思います。
人間関係がいい職場を見つける5つのコツ
人間関係の悪い職場では働きたくないですよね。人間関係のいい職場を見つける5つのコツを紹介します。
介護職が職場を辞めた理由ランキングトップ10
みんなどんな理由で職場を辞めているのか。ランキング形式で介護職が職場を辞めることになった理由を紹介します。
介護職の仕事の魅力10個
ネガティブなことばかりが言われがちな介護の仕事。みんなが気付いていないだけで本当はたくさんの魅力があるんです。介護職ならではの仕事の魅力を10個紹介します。